<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

未知との遭遇

生まれて初めての子育てを始めて、2週間ちょっと。知らないことの方が多いのに、まるで当然の様に母業をすることが不思議に思う時もある。

出産後に母乳どう?って聞かれるのが挨拶的に頻繁な話題なことに驚いた。
新生児は、寝る、泣く、飲む、寝る、泣く、飲む、…ループ。なので、飲むが占める割合が高いからだろな。

母乳どう?は、新米ママにとってはプレッシャーな質問の様で、私はあまり気にしてなかったけど、ミルクを足しても大丈夫なのよ。と助産師さんがフォロー気味に話してくれて、ある意味、日本の風習の様なものなんだろな。と思った。

最近は、芸能人も育児ブログ。梨花や松嶋尚美さんのブログを見てると、同じ男の子で出産日も近いので親近感があってすごくおもしろい。

あと親世代の常識が、現代ではタブーになってたりすること。一番近くにいる大先輩の教えを、ネットで調べた小手先情報で否定するのは、なかなかの難しさ。例え実母であろうとも。ジーナ式なんてありえない。

なにはともあれ、生まれたばっかりの赤ちゃんも、笑ったり、うかがったり、寝たふりしたり、チラ見したりとかなり人間なんだなぁと、見ててとても楽しい。飽きない。

仕事をこんなにしてないのも(まだ数週間だけど)、家事を母にまかせっきりなのも(まだ数週間だけど)、再開がどのタイミングになるかわからないけど、今はみんなに甘えて赤子との時間に専念しよう。

眠いけど、大丈夫。



子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

出産

10ヶ月のハラボテ生活終え、いよいよお腹の赤子を産む日がやってきました。

赤ちゃんが大きくなりすぎたので、年明けの予定日より早くなって、入院日が12月24日、クリスマスイブ!

ドキドキしながら、朝から入院。
陣痛が始まって数時間、2分間隔になっても、まだ平気だった。これなら、イケる!
助産師さんも、痛みに強いんですね。とか言ってくれて、調子にのる私。

でも先生は、ほんとの痛みがこないと出てこないって脅かしてきはる…

で、先生が破水させて少ししたら、強烈な痛みが波打ってやってきた。
なるほど、これが陣痛ね。痛い。

心配して、しゃべりだす母に帰ってもらう。どうしようもできない旦那には、黙っててもらう。
ただただ耐えるのみ。
ひっひっふー、ひっひっふー。

そこからは、もう言葉では表せません。まあ、とにかく痛い。出すときも、ほんと大変。
世の母たちが、みんなこれをやったなんて信じられん。

頭が見え始めて分娩室に呼ばれた旦那。なぜか白衣(渡されたらしい)!そこがやけに気になったけど、そんなこんなしてたら、出てきた!
オーマイゴッド!うわぁぁぁ。
言葉にできない。

へその緒を首に巻きつけて、元気な男の子!小さな人間!わぁぁぁ
体重計の上でおしっこぴーっと3回して、みんなを笑顔にしてる。
は〜よかった。本当によかった。
人生で一番痛くて、一番ほっとした瞬間。

たっぷりの愛を込めてつけた名前。
始希と書いてはるき。
新しい希望よ、始まれ〜!




子育て | permalink | comments(9) | trackbacks(0)
 1 
BossaBooks REVIEW
『クイーン・アリス ...』
シェフになれそうだね
『Hiroshige: 1797 ...』
歌川広重
『陰陽道とは何か』
節分も陰陽道
『ずぼらな青木さんの...』
冷え性のあなたも
『brothers&sisters』
ウォーカー家
『Black Jack』
全巻